信州といえば野沢菜です

長野県の代表的な野沢菜は、宝暦6年(1756年)野沢温泉村にある健命寺の住職が京都遊学の帰途に持ち帰ったのが始まりと言われています。

住職が持ち帰って植えたところ、葉柄、葉丈の大きい不思議な『蕪菜』に成長しました。

気候や風土により、特産【野沢菜】に生まれ変わったのです。

当時漬物は塩分が高い保存食とされていましたが、現在では浅漬けをはじめ、塩分は2-3%と低塩で漬けてありますので安心です。

地元野沢温泉では昔から野沢菜漬のことを葉柄が大きいことから【おはづけ】と呼んで親しまれています。

nozawana01.JPG

 

野菜から選ぶ
信州の高原野菜を中心に、安全・安心な国産野菜を使った漬物です。
こだわり
こだわりページ全体への説明こだわり説明ウェブページを編集保存するとサイドバーのメ...
おいしい関係
信州と漬物の美味しい関係の秘密とは・・・...
野菜畑だより

漬物直送便で使っている野菜は農家との契約栽培です。
信州の高原で漬物の野菜を育てている契約農家さんと野菜の育ち具合をレポートします。
野菜畑だよりの記事一覧

漬物レシピ集

ほのぼの野菜畑の漬物を使った料理をご紹介します。一度、お試しください。
漬物レシピ一覧